衝撃!圧倒的なリアリティで迫るネットカジノVRの世界

online casino virtual reality

あなたはVRを実際に経験したことがあるだろうか?

昨年のことだが、東南アジアから帰国した友人が、東南アジア製のVR機器をお土産にくれた。スマートフォンを取り付ける形のVRゴーグルだった。白いプラスチックのゴーグルとゴムのバンドとレンズを取り付けたものだが、低クオリティのおもちゃではなく、レンズの位置を調整できたり装着感も悪くない。値段は500円もしないと聞いて思わずため息が出た。日本でこれだけのものを気軽に買えるだろうか?

 

早速手持ちのiPhoneを取り付けてのぞいてみた。それは今までのものとは全く違う世界だった。自分の周りが一面取り囲まれていて、不思議な蛍光色の模様が現れる。本当にその場に「いる」感覚だった。その瞬間、これが未来のエンターテイメントになると深く感じた。その場にいるので面白さが全く異なる。ホラーを体験すると鳥肌が立つ。心臓がばくばく鳴る。ポルノは180度違う。VRを見た後だと普通のものではまったく物足りない。たんなる「傍観者」でしかないからだ。

 

インターネットカジノが世界で人気になっている。よく「ネットカジノ」と呼ばれるが、ネットカジノとは要するにインターネット上で遊べるカジノのことだ。デジタルの仮想通貨が便利に使えるようになり、煩わしい身分確認も不要になったのとウェブベースの技術が向上してリアルの店舗とほぼ変わらないクオリティのゲームを自宅で楽しめるようになったからだ。

 

このネットカジノがVRで遊べるようになるのはおそらく数年以内だろうと思う。

 

今のカジノも面白い。だが結局パソコンで遊ぶものの範囲から抜け出していない。だがVRは違う。VRを使うと(視線誘導で)仮想空間を歩き回ることができる。そしてその仮想空間には現実のような制約は何もない。たとえば白亜紀の世界でもいいし、モンスターハンターの世界でもいいし、魅惑的な女性や男性があふれんばかりの部屋を作ったっていい。プレーヤーはその空間を楽しみながら、ゲームをプレイすることができる。ネットカジノの「カジ旅」はRPGの要素をカジノに取り込んでいるが、これをもっとリアルで没入感を圧倒的に深くしたものだ。

 

ルーレット台にいくと、VRなら目の前に魅力的なディーラーがいて、自分の手元にチップがあるのがリアルに感じられるはずだ。周りを見渡すと他のプレーヤーだっている。適度にざわついていて、熱くて、うわづったようなあの独特の空気を感じることができるだろう。